skinny

in_gl_A

Skinny 呼び出しマニュアル

SkinnyDisplay - 展開した内容を画面(標準出力)に出力する

連想配列の内容を指定されたテンプレートファイルを使って展開し、その結果を画面(標準出力)に出力します。
echo $Skinny->SkinnyFetchHTML( 'template-filename' , $out ); と同等です。
タグマニュアルでは、全てこの呼び出し方法を使って説明しています。

説明

書式

$Skinny->SkinnyDisplay( 'template-filename' , $out )

パラメータ

template-filename : 使用するテンプレートファイル名
$out : テンプレートに渡す連想配列名

戻り値

なし

サンプル(一般的なHTMLを出力する)

PHPコード

<?php
    include_once( "Skinny.php" );
    $out = array();
    
    $out['message']  = "Hello world.";
    $out['nowYear']  = date('Y');
    
    // メインテンプレートへ渡す
    $Skinny->SkinnyDisplay( "sample.html", $out );
?>

テンプレート

<% echo(message|html|nl2br) %><br />
<hr />
<center>Copyright 2011 - <% echo(nowYear) %></center>

結果

ブラウザ結果

Hello world.


Copyright 2011 - 2018

btn_pagetop